レーシック手術後

レーシック手術をして最初の一週間は、目に対して慎重に生活しなければなりません。当日は目に細菌感染の恐れのある水が入る可能性のある入浴は避ることが普通ですし、同様に洗髪も当日は避けます。

 

その後もせめて二、三日は目の周りに水がかかるような入浴の仕方や洗髪は避けた方が良いでしょう。寝るときは擦るなどの目への思わぬ刺激を避ける意味で保護眼帯などをつけて就寝します。これは一週間程度続けます。

 

起きているときも、目を擦るなど刺激を与えることは避けて、ほこりや汗など異物が目に入らないように保護用のメガネをかけるよう指導されると思います。

 

たばこの煙も影響があるようですから、禁煙することや特に女性の方は化粧の時に、目に化粧品が入らないように注意しなければなりません。

 

一週間過ぎますと、ほぼいつも通りの生活ができますので入浴は普通にできます。ただ、一ヶ月程たつまでは目に気をつかい温泉やサウナには入らないことが推奨されています。

レーシック手術

レーシック手術は、最初にフラップと呼ばれるちょうど蓋になる部分を角膜の表面に作ります。次に視力矯正のためにフラップの下の角膜を削り、フラップを被せて終わります。

 

この時フラップは、ただ被せるだけで角膜の表面の再生力(自然治癒力)を利用して治します。

 

従いまして、手術後すぐには、剥がれやすくなっていますし、ある程度固定されるには一週間程度かかるといわれています。さらに、目の中に水などが入っても問題ないところまでは、一ヶ月以上かかるようです。

 

その後、半年以上たつと少々目をこすってもフラップは、ずれないようですが強い衝撃には耐えられないようで、事故等で目に衝撃を受けてフラップが剥がれたりシワになったりすることがあるそうです。

 

また、目に衝撃を受けることの多い格闘技の選手などにはレーシック手術がすすめられていません。