コンタクトは20年が限界

レーシックを受けたいけど、お金がないからコンタクトレンズやメガネで我慢をしているという人がいると思います。

 

最近は眼鏡をかけるよりもコンタクトレンズをしているという人のほうが多いと思いますが、実際にコンタクトレンズを何度も付け替えていくのとレーシック手術を受けるのと費用の比較してみると、レーシックの方が安くなります。

 

コンタクトレンズの場合には1年間で交換するタイプの物であれば、数万円かかってしまうし、1週間や1ヶ月で交換するタイプのものでも数千円は必ず必要になってきます。

 

コンタクトレンズというのは、いつまでも使い続けることがませんから、しっかりと期限を守って使わなければなりませんよね。そうなってくると長い期間コンタクトレンズを使い続けていくことを考えると、かなりの費用が出費されることになります。

トータルではレーシックがお得

一方でレーシックの施術というのは確かに金額が高いですが、任意保険等に入っていればレーシックの施術の金額が降りてくるし、実際に実費で負担する金額というのはとても少なくて済むと思います。

 

クリニックによっては任意の保険から給付された金額だけで、レーシックの施術を行うことができる場合もありますから、コンタクトレンズを使い続けるということを考えていくと、レーシックの手術を受けてしまった方が安いですよね。

 

レーシックの場合には一度手術を受ければ、その後は裸眼でも視力がとても上がっているので、コンタクトレンズを使う必要がなく、眼鏡をする必要がなくなります。

 

長年のコンプレックスから開放されるし、費用も安く済むということでメリットがとてもたくさんあると思います。