レーシックは費用面で大きな出費になる

これまで乱視や遠視、それから、近視などに悩まされていた人がレーシックを受けることによって、視界がクリアになりとても快適な生活を送ることができるようになるので、レーシックはとても人気が出ていますが、レーシックを受けることによる欠点というのはどんなものかというと、まずはり費用面での欠点というのが1番大きいと思います。

 

費用が安いクリニックでも両目で8万円前後はしてきます。高いクリニックの場合には30万円から40万円前後が必要になるので、かなりまとまった費用が必要になります。

 

レーシックの施術については任意保険を使うことができるので、自分が加入している保険でレーシックの施術の給付金が降りれば、費用が少なくすみますが、例えば任意保険に加入していなかったり、加入しててもレーシックに対しての給付金がおりてこないという場合には、すべてが実費で負担になってしまいますから、大きな欠点となると思います。

多少の後遺症がでることも

それから、通常のレーシックを受けた場合であれば、後遺症が残ってしまうという可能性もあります。全ての人に合併症などが起きてしまうというわけではありませんが、万が一合併症が起きてしまうと感染症などになってしまったりすることもあるし、治療を行なっていかなければなりません。

 

それからレーシックの施術後は物が眩しく見えてしまったりすることもあります。

 

また、レーシックの施術を受けることによって視力がどの程度回復するかというのは、個人差があるので必ずしもレーシックを行うことで1.5程度まで回復するということはではありません。

 

こういったことを欠点と思うか、そうではなく、メリットと思うかは人によってそれぞれだと思います。