レーシックできない人

近年レーシック手術での視力回復をされた人が増加傾向にあります。しかし、なかには受けられない人もいるのが現状です。

 

レーシック手術を受けられない人

・17歳以下の人

眼球がまだ成長過程である為、受けることができません。近視による視力低下が、安定していなければなりません。

 

・妊娠中、授乳中の方

ホルモンバランスが不安定なので、妊娠中は受けることができません。授乳中は、術後に処方される点眼薬の母乳や赤ちゃんへの影響が、まだ不明瞭であることから受けられないとなっています。

 

・眼に疾患のある人

白内障、網膜疾患、緑内障など、術後の角膜の治癒過程に問題が出るので受けられません。角膜疾患の可能性のある薬剤の服用中の人も、受けることはできません。

 

・全身疾のある人

糖尿病など眼に関係のない病気を患っている人も、フラップと呼ばれる角膜のフタの装着に時間がかかることがあります。感染の危険性があるため受けることができません。

 

・眼の状態が良くない人

角膜の内皮細胞と呼ばれるものが、極端に少ない人や角膜が極端に薄い人は受けられません。

 

・視力の度合いが強い人

近視、乱視が強い人は受けられません。また生まれつき視力の低い人も受けることができません。

レーシック手術を受けられない人は諦めるしかないのか?

レーシック手術を受けられない人の中でも、角膜の厚みを指摘されたり、強度の乱視や近視、白内障や緑内障によって医師からレーシックの手術を受けられないと宣告された人藻多いでしょう。しかし「最高級アマリスZレーシック」のようなワンランク上の手術では受けられる可能性があります。

 

ただし、必ずしも受けられるというわけではなく厳密な検査結果の上、医師と相談して決めていく必要があります。