公的な健康保険は対象外

「レーシック治療」を行なう眼科のホームページを様々見てみると、いずれも高額な費用が提示されています。

 

一番安くても8万円台からとなり、場合によっては20万,30万円以上もする高額な治療もあるようで、私たち庶民からすればそう簡単に治療を決断する事はできませんね。こうした手術のばあい、保険は適用されないのでしょうか。

 

まず“公的な健康保険”の場合、レーシック手術は対象外となりますので“全額自己負担”が基本となります。

 

通常、風邪などに掛かり治療を受ける場合には費用の一部のみを負担する事になりますが、診療には「診療報酬」が定められており、それから外れている治療は全て自由診療となるため“全額自己負担”とされてしまうのです。

 

ホームページなどでいずれも高額な費用が提示されているのは、ここが原因として一番大きいといえます。

任意保険なら対象になる場合も多い

ではもう一方の“生命保険会社”の場合は適用の対象とされるのでしょうか。こちらの場合は適用される可能性があり、どのような保険商品の契約を結んでいるかがポイントになってきます。

 

レーシック手術が給付対象となる商品であればもちろん適用される事となり、手術給付金として数万円程を受け取る事ができますので、費用の半分程度はカバーする事ができます。

 

あなたはどのような契約を結んでいるか、レーシックの手術を考えている場合には今一度パンフレットや契約書などを見直して、その範囲についてよくご確認下さい。