以前のレーシックは角膜を削っていた・・

レーシックの施術の方法というのは、以前はレーザーをあてて角膜の表面を削っていくというものが主流でした。

 

もちろんこれは今でも主流の方法ですが、以前の方法の場合は角膜をしっかりと削らなければいけなかったので、近視や乱視がとても強い人や眼球の形が少しレーシックに向いていないという人は、施術を受けることがませんでした。

 

しかし最近ではイントラレーシックというものが出てきていて、以前に比べるとたくさんの人がレーシックを受けることができるようになっています。

イントラレーシックで多くの人がレーシック可能に

イントラレーシックは、レーザーの光を完全にコンピュータで制御しているので、以前のレーシックは受けることができないと言われた人でも、受けることができるようになっています。

 

角膜を削ったりするような数値的なものも、すべてコンピュータで制御されていますから、角膜の形が悪くてレーシックを受けることができないと言われた人も受けることができるようになりました。

 

イントラレーシックで今までレーシックを受けられなかった人が手術できるようになったので、とても助かってるという声が聞こえてきますが、今のところまだイントラレーシックを受けられるクリニックというのはそんなに多くありません。

 

また、イントラレーシックの場合には通常のレーシックに比べると費用が高くなっているので、こういった部分がまだデメリットだと思いますが、イントラレーシックの場合には、術後の感染症などもなりにくくなっているので、安心して受けることができると思います。